about

何かが変化するとき、色のグラデーションは最も広がり、
違う世界が入り混じります。

それは例えば昼と夜、今日と明日、宇宙とこの星、この世とあの世。
そのとき、その一瞬で多くの人が感じる期待と不安、高揚感。

そういったものを切り取って、形にしたいのです。
作品の中にあなたのお気に入りが見つかれば幸いです。

----------

「アートをもっと、気軽に」

日本の絵描きは、「美術館の壁(画家)」を目指す人か、
「本の表紙(漫画家・イラストレーター)」を目指す人に大別されます。
しかし世界ではアジアでもヨーロッパでも、
「人の家の壁」を目指す地域のアーティストが存在します。
日本にそういったアーティストが少ないのは、
日本で絵とは美術館で見るものであり、自分で所有し飾るものだ、と
認識する人がまだ少ないためです。

絵は美術館で入場料を払って見るだけのものではありません。
生活に絵を取り入れることを、もっと気軽に捉えてください。
生活の中に彩りが欲しいと思われたなら、あなたの好きな絵を選び、
お部屋に飾ることを試してみてください。